PR

ニュース 社会

新たに5県に大雨特別警報、計12都県に

 台風19号による大雨特別警報発表について説明する、気象庁の担当者=12日午後、気象庁
 台風19号による大雨特別警報発表について説明する、気象庁の担当者=12日午後、気象庁

 気象庁は12日午後7時50分、宮城、福島、茨城、栃木、新潟の5県に新たに大雨特別警報を発表した。

 大雨特別警報は、これまでに東京、群馬、埼玉、神奈川、山梨、長野、静岡に発表されており、あわせて12都県に出された。

 気象庁は「命を守るための最善の行動」をとるよう警戒を呼びかけている。広い範囲で雨が降り続いており、河川の水位も上昇。荒川、入間川流域、多摩川、浅川、相模川中流、信濃川水系千曲川上流で氾濫の危険性が高いとする氾濫危険情報が発表されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ