PR

ニュース 社会

【台風19号】列島に接近 千葉で竜巻か、1人死亡 一時77万戸停電

 竜巻とみられる強風により被害を受けた車や住宅=12日午前10時2分、千葉県市原市
 竜巻とみられる強風により被害を受けた車や住宅=12日午前10時2分、千葉県市原市
その他の写真を見る(1/2枚)

 大型で非常に強い台風19号は12日、伊豆諸島近海を北上し日本列島に接近した。千葉県市原市では車が横転して1人が死亡、他に5人が負傷した。竜巻のような突風が原因とみられる。徳島県でも1人がけがをした。

 千葉県市原市の竜巻とみられる突風は午前8時すぎに発生。車の横転のほか、県によると、住宅1棟が全壊して子供3人を含む計5人が負傷した。また同県内では12日朝に一時、約77万戸が停電し、東京電力が原因を調べている。

 気象庁によると、12日は静岡県南伊豆町で最大風速25・6メートル、東京・八丈島空港で最大瞬間風速35・0メートルを観測。10日からの総降水量は静岡県伊豆市で400ミリ、神奈川県箱根町で300ミリをそれぞれ超えた。

 台風は12日午前11時現在、八丈島の西約210キロを時速約30キロで北北東に進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心の東側370キロ以内と西側280キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ