PR

ニュース 社会

【主張】激辛カレーいじめ 子供たちもあきれている

 子供たちもあきれているだろう。あろうことか教員が集団で後輩教員をいじめていた。

 激辛カレーを無理やり食べさせるなど、程度の低さに目を疑う。いじめを許した学校現場は猛省し、背景などを検証してもらいたい。

 神戸市立東須磨小学校で40代の女性教諭1人と30代の男性教諭3人が、20代の男性教諭をいじめていた。ロール紙の芯で尻をたたくなど、市教育委員会が「嫌がらせ」と認めた行為だけでも、暴力や暴言、飲酒の強要など目に余るものがある。

 羽交い締めにし、激辛カレーを食べさせている動画もある。被害にあった教諭は、激辛ラーメンの汁を目などに塗られたとも訴えている。嫌がらせやいじめというより、犯罪行為に等しい問題が次々に発覚している。

 別の男女教諭3人も暴言やセクハラなどを受けていたことが分かっている。この学校に子供を通わせて大丈夫なのか、保護者の不信が募るのも当然だ。

 加害教諭は同校のリーダー的存在で、児童のいじめ防止の取り組みにも関わっていたという。中には教員いじめの様子を子供たちに語っていた者もいた。それで互いに敬う大切さなどを教えられるはずはない。

 学校側の対応の遅れも目立つ。別の教員を通じて教頭に相談があったが、市教委には「校内で解決した」と報告していた。被害者の男性教諭は今年9月から学校を休み、家族から市教委に相談があったという。

 校長は市教委に詳細な報告をしていなかった。「隠蔽(いんぺい)の意図はなかった」との弁明は通らない。事なかれ主義で問題に蓋をして隠す体質が、学校教育への不信を増していることに気づくべきだ。

 市教委は加害教諭4人を10月から休ませたというが、遅きに失した。文部科学省も副大臣らを派遣し、調査する。厳正に対処し、再発防止につなげるべきだ。

 現代の学校は校長が指導力を発揮し、学校内外のチームプレーが求められる。しかし教員社会は閉鎖的だ。他人の意見を嫌う独善的傾向がベテラン教員ほど強いといわれる。暴走する教員に対し、校長ら管理職が口を出せない。

 それが問題解決を遅らせ、悪化させる要因となってきた。学校の悪弊を変えなければ、公教育の信頼回復は遠い。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ