PR

ニュース 社会

ご当地アイドル遺族を提訴 元所属会社「パワハラなく名誉毀損」

 愛媛県を拠点に活動するアイドルグループ「愛の葉(えのは)Girls」の元所属会社「Hプロジェクト」(松山市)と同社社長は11日、昨年3月に自殺した元メンバー、大本萌景(ほのか)さん=当時(16)=の遺族と代理人弁護士が会見などで公表した内容は事実に反し、名誉毀損(きそん)に当たるとして、遺族側に計約3600万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

 遺族は元所属会社のパワーハラスメントや過重労働などが自殺の原因として、同社や社長らに損害賠償を求めて提訴し、東京地裁で係争中。遺族側は提訴時に会見を開いたほか、代理人弁護士が代表を務める団体のサイトに訴えを掲載している。

 同社側の弁護士は、パワハラや過重労働はなく、会見やサイトの内容は事実と異なると主張。遺族側の会見などを受け、同社に脅迫の手紙などが多数届く被害が生じたとしている。同社は「事実無根の悪評を拡散され、人生が変わり果ててしまう者が、今後二度と現れてはならないと考え提訴した」とコメントしている。

 遺族の代理人弁護士は「提訴は証拠に基づく正当なもので、名誉毀損に当たることはないと考えている。訴状を確認し、適切な対応を検討する」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ