PR

ニュース 社会

石綿被害、国が上告断念 遅延損害金「診断時から」

 加藤勝信厚生労働相は11日、アスベスト(石綿)が原因の肺がん患者に、国が支払う損害賠償のうち「遅延損害金」は労災認定時ではなく診断時にさかのぼって請求できるとした9月の福岡高裁判決について、「上告しない」と明らかにした。

 訴訟は賠償金の利息に当たる遅延損害金の起算点が争われていた。国は「労災認定の日」と主張したが、9月27日の高裁判決は「肺がんの確定診断を受けた日とみるのが相当だ」と退けた。

 判決によると、原告の70代男性は昭和35~平成8年に北九州市の石綿建材工場で勤務した。20年11月、肺がんとの診断が確定。22年2月、労災認定を受けた。高裁は請求通り1265万円の賠償と、遅延損害金の支払いを国に命じた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ