PR

ニュース 社会

首相、台風19号接近に備え「先手先手の対策を」 閣僚懇談会で指示

 安倍晋三首相は11日午前の閣僚懇談会で、台風19号の接近に備え「緊張感を持って被害状況の情報収集を徹底して国民の安全安心の確保に万全を期し、自治体などと緊密に連携して先手先手の対策を講じること」と指示した。

 菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で「引き続き政府一丸となって対応に万全を期す」と語った。その上で、「国民の皆さまも最新の気象情報や地元自治体からの情報に注意し、早め早めに事前の備えを行うようお願いする」と呼びかけた。

 また、武田良太防災相は閣議後の記者会見で「政府一体となって台風の接近に備える」と強調。9月の台風15号上陸で政府は関係閣僚会議の開催を見送り、野党から初動対応を批判されたが、台風19号での関係閣僚会議の開催については「政府の防災態勢が機能しているかが一番のポイント。関係省庁の会議で万全を期すので大丈夫だ」と述べた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ