PR

ニュース 社会

公務災害の認定急ぐ 職員自殺で総務相

高市早苗総務相=11日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
高市早苗総務相=11日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 高市早苗総務相は11日の記者会見で、平成26年3月に自殺した総務省の男性キャリア官僚=当時(31)=について、公務員の労災である公務災害の認定作業を急ぐ方針を示した。「一刻も早く認定されるよう力を入れたい」と述べた。

 男性の両親は9日、総務省を訪れ、長時間労働でうつ病を発症したのが自殺の原因だとして、公務災害の認定を要請していた。

 高市氏は「家族はどんなに無念で悲しいことかと思う。心からお見舞い申し上げる」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ