PR

ニュース 社会

台風で大規模計画運休へ 新幹線や空の便も

 大型で非常に強い台風19号は10日、小笠原諸島の西で北上を続けた。勢力を維持したまま、12~13日に近畿から東日本に接近、上陸するとみられ、日本列島は広範囲で暴風や大雨となる恐れがある。気象庁は土砂災害や浸水、河川の氾濫、高潮に厳重な警戒を呼び掛けた。

 12日から13日にかけ、交通機関は全国各地でストップしそうだ。空の便では12日、羽田と成田両空港を発着する国内線は全日空が全便、日航も早朝便を除く大半の欠航を決めた。日航は計7万4千人、全日空は計8万1千人に影響する。

 JR東海によると、東海道新幹線の東京-新大阪間は12日昼前から計画運休となる。JR西日本も山陽新幹線新大阪-岡山間で12日午前から運転を取りやめる可能性があり、ほかの区間でも本数を減らす場合があるとしている。

 JR東日本は11日午前10時半ごろに詳しい計画を発表予定。首都圏では私鉄各社も計画運休の可能性があると公表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ