PR

ニュース 社会

栃木県内も暴風雨の可能性 台風19号でイベント相次ぎ中止 

 大型で猛烈な台風19号について宇都宮地方気象台は10日、栃木県内への影響を発表した。県内は12~13日に非常に激しい大雨や暴風の可能性があり、同気象台は「観測史上最大規模の台風。最大限の警戒を」と注意を呼びかけている。

 台風19号は非常に強い勢力を維持したまま北上を続け、12日夜から13日にかけて関東地方に接近、進路によっては中心が県内を通過する恐れも。県内では、前線の影響で11日から雨が降り始め、12日午前~13日午前にかけて「警報級」の大雨が降る可能性があり、浸水、洪水、土砂災害などへの最大限の警戒が必要となる。暴風のピークは12日夜~13日午前で、最大風速が25メートル以上となる可能性がある。飛ばされやすいものはあらかじめ屋内へしまうなどの対策が必要だ。

 同気象台の葦津(あしづ)悟予報官は「用事は11日中に済ませて、12日は自宅待機、もしくは状況に応じて避難も考えてほしい」と話している。

 台風の影響により、鉄道など県内の公共交通機関で3連休中の一部運休の可能性がある。また、宇都宮市中心部で12日に開催予定だった「宮っこフェスタ2019」や13日の「駅の前のマーケット」(高根沢町)など、3連休に開催予定だった県内の多くのイベントが中止になった。宇都宮市在住の男性会社員(42)は「息子の幼稚園の運動会が延期になった。安全第1の正しい判断だと思うが、連休の予定が立たない」と話している。(根本和哉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ