PR

ニュース 社会

護岸工事の重機が橋に横倒し、バイクの男性けが 東京・葛飾

 9日午後6時40分ごろ、東京都葛飾区青戸の環状7号線の青砥橋に高さ約40メートルの重機が倒れ込み、道路上に横倒しになった。都江東治水事務所や東京消防庁によると、バイク1台が重機と接触し、運転していた40代男性がけがを負って救急搬送された。男性は意識があり、他に挟まれた人などはなかったという。

 現場は京成線青砥駅から東に200メートルほど離れた、全長約640メートルの青砥橋の橋上。片側2車線の直線道路が通っており、事故の影響で車両は全面通行止めとなった。復旧の見通しは立っていない。重機は橋の下を流れる中川の護岸耐震工事で使用されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ