PR

ニュース 社会

関電第三者委委員長に但木元検事総長

 関西電力の役員らが多額の金品を受領した問題で、同社は9日、原因究明のための第三者委員会の委員長に、元検事総長で弁護士の但木(ただき)敬一氏を選定したと発表した。同日午後に記者会見を行う。昨年9月にまとめた社内調査の検証のほか、調査範囲を拡大し、遅くとも年内をめどに全容解明を目指す。

 但木氏は、東大卒業後の昭和44年に検察庁に入り、法務省刑事局刑事課長、東京高検検事長などを経て、平成18年6月から20年6月まで検事総長を務めた。

 退官後は、大阪地検特捜部の証拠改竄事件を受け設置された検察の在り方検討会議委員や、元横綱日馬富士による十両貴ノ岩への傷害事件を受け日本相撲協会が設置した暴力問題の再発防止検討委員会の委員長なども務めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ