PR

ニュース 社会

千葉の台風農業被害 停電追い打ち 乳牛処分、イチゴ栽培に遅れ

台風15号の強風で屋根が大きくめくれ上がった牛舎。応急処置の工事が進められている=8日、千葉県多古町(城之内和義撮影)
台風15号の強風で屋根が大きくめくれ上がった牛舎。応急処置の工事が進められている=8日、千葉県多古町(城之内和義撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 台風15号は千葉県の基幹産業である農林水産業にも大きな被害を与えた。県の4日現在の集計で、被害総額は約411億6700万円に上っており、自然災害では東日本大震災時の346億100万円を抜き、過去最大となっている。

 55頭の乳牛を飼育する多古町北中の平山信知(しんじ)さん(71)は、集荷先が停電した影響で、9月9日から4日間に搾乳した3・6トンの生乳を廃棄せざるを得なかった。自身の牛舎も10日間停電し、発電機で搾乳機や扇風機を動かした。

 だが7、8頭が乳房炎にかかり、治療後の検査で安全が確認されるまでの間、これらの牛から搾った乳は出荷できなかった。21日以降は平常通りに戻ったというが、平山さんは「乳を捨てるのは、諦めきれなくてなぁ」と当時の心境を語った。

 同町西古内の男性(65)は、強風で牛舎の屋根の3分の1がめくれ上がる被害を受けた。飼育する乳牛40頭の一部は子牛用の牛舎に退避させたが、停電と復旧を3度も繰り返す目に遭い、ストレスなどが原因で乳房炎にかかる牛も出てきた。男性は「資材や職人の不足ですぐに牛舎を直すことができず、牛のいる場所がない。やむを得ず、10頭を処分するしかなった」と表情を曇らせる。

 イチゴ狩りの人気スポットとして知られる山武市の19軒の観光農園でつくる「山武市成東観光苺(いちご)組合」の相葉英樹組合長(49)は「10年に1度くらいは台風被害を受けるが、今回はこれまでの2、3倍の大きな被害だった」と振り返る。苗の植え付け直前にハウスが被害を受け、組合員の中には一部のハウスで今シーズンの栽培ができないところもある。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ