PR

ニュース 社会

関電金品受領問題 経産相「年内報告は悠長」

 菅原一秀経済産業相は8日の閣議後の記者会見で、関西電力の役員らが金品を受け取っていた問題で、経産省が事実関係の報告を同社に求めていることについて、「報道では年内を目途に報告という話があるが、悠長な話だ」とし、報告時期を早めるべきだとの認識を示した。

 その一方で、「第三者の調査委員会によって徹底的な調査と原因究明が必要」としており、「徹底的な調査報告を可及的速やかに報告してもらいたい」と語るにとどまり、具体的な時期についての言及は避けた。

 また、関電を除く電力大手各社は自主調査の結果、「同様の事例はない」と報告していたが、菅原氏は、各社の社長に対し「もう一度調査することを求めた」と説明。7日までに各社から「特に懸念されるような事項はなかった」との報告を改めて受けたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ