PR

ニュース 社会

老人ホーム入所者を鉄パイプで殴る 殺人未遂容疑で男逮捕

 広島市佐伯区の老人ホームで入所男性(83)を鉄パイプで殴ったとして、広島県警佐伯署は8日、殺人未遂の疑いで、入所者の無職、三邑一美容疑者(73)を逮捕した。署によると、男性は頭などを負傷したが、命に別条はない。「殴ったが、殺すつもりはなかった」と供述。トラブルがあったとみて調べる。

 逮捕容疑は7日午後6時20分ごろ、佐伯区三宅の老人ホームで、男性の頭などを直径約2・5センチ、長さ約73センチの鉄パイプで数回殴り、殺害しようとしたとしている。

 署によると、鉄パイプは施設にあった。もめるような声を聞いた施設の職員が駆け付け、消防に通報した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ