PR

ニュース 社会

海保長官「現場では人命救助を最優先に対応」 北漁船沈没

 日本海の好漁場・大和堆周辺で、水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突し、漁船が沈没した事故で、水産庁の山口英彰長官は7日夜に記者会見し「日本漁船の操業の安全を守るため引き続き活動していく」と強調。海上保安庁の岩並秀一長官も会見し「現場では人命救助を最優先に対応した。事実関係を明らかにしていく」と述べた。

 水産庁によると、漁業取締船は7日午前8時50分前後に、EEZに入っている漁船を発見。午前9時7分ごろ、取締船の船首と漁船の左舷中央部が衝突した。取締船は放水して、EEZから出るよう警告していた。

 漁業取締船は救命用のいかだを出して救助し、乗組員がしがみついて海に浮かんでいるところを別の北朝鮮船が引き上げ、その場から去った。9管は、海上での捜索と救助に関する国際条約(SAR条約)に基づき、北朝鮮側に乗組員の引き取りを依頼しており、その返答前だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ