PR

ニュース 社会

北漁船と水産庁の取締船が能登半島沖で衝突

 石川県の能登半島の北西約350キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で7日午前、北朝鮮の漁船とみられる船舶が水産庁の漁業取締船と衝突、沈没した。現場は好漁場「大(やま)和(と)堆(たい)」周辺。沈没したのはイカ釣り漁船で違法操業の疑いがあり、取締船が退去警告や放水を行っていた際、衝突した。海上保安庁によると乗組員約60人が海上に漂流するなどし、救助や現場の確認を進め、北朝鮮側に引き渡した。けが人の情報はないという。

 政府関係者によると、衝突は同日午前9時7分ごろ発生。取締船は漁船の左側約200メートルでEEZからの退去警告を行ったが、放水開始後に漁船側が接近して衝突した。

 取締船は水産庁の「おおくに」(約1300トン)。漁船は鋼船だった。おおくには衝突の直後、海上に救命いかだやボートを出し、救出作業にあたり、北朝鮮船の乗組員多数が海上に投げ出されたと海保に通報した。第9管区海上保安本部(新潟)も現場に航空機と巡視船を投入。取締船と連携し、他にも乗組員がいないか捜索を行った。衝突当時、現場は曇っていたが風は弱く、波も穏やかで視界は約20キロだったという。

 現場は日本のEEZ内だが公海上で、乗組員に対する刑事裁判権は船籍国にあり、海保は事故で漁船側の捜査はできない。9管は7日、海上での捜索と救助に関する国際条約(SAR条約)に基づき、周辺にいた北朝鮮船に乗組員を引き渡した。現場は水深が1千メートル以上あり、沈没船の引き揚げなどは困難とみられる。

 大和堆はイカなどの好漁場で、平成28年秋ごろから北朝鮮漁船の違法操業が深刻化。対応当初、多数の漁船が侵入し海保や水産庁による排除は難航した。昨年からは本格的な漁期前の5月からEEZ沿いで警戒を強化、入域を阻止している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ