PR

ニュース 社会

小判、金杯…袖の下か 関電役員受領の金製品、業界は「イメージ悪化心配」

その他の写真を見る(1/2枚)

 関西電力役員らの金品受領問題で、八木誠会長らは福井県高浜町の元助役(故人)から金貨や金杯、小判形金貨など計約5567万円分の金製品を受け取っていた。時代劇の悪代官に贈る袖の下さながらに、菓子折りの下から金貨が出てくるケースも。金製品を扱う企業からは、イメージ悪化を懸念する声が上がっている。(山本考志)

 「高価なものが入っているかもしれないと聞いて、秘書に確認させたところ、お菓子の下から金貨が出てきた」。関西電力の岩根茂樹社長は2日の記者会見で、平成29年3月に元助役から金貨10枚を贈られたいきさつをこう語った。

 金品を受け取った20人のうち金製品が含まれたのは6人。30年1月に金沢国税局の税務調査が始まるまで、ほとんど元助役に返却せず個人で保管していた。

 大手の田中貴金属が公表する金の税込み小売価格は7日時点で1グラム当たり5732円。500グラムの金地金(きんじがね)(金塊)は縦約9センチ、横約4センチ、厚さ1センチ弱にすぎないが、価格は300万円近い。金価格はここ20年でおよそ5倍に上昇。「有事の金」と言われるほど安定した資産として人気がある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ