PR

ニュース 社会

治療拒否した歯科医襲撃男に懲役8年 深刻「ペイハラ」の実態

その他の写真を見る(1/2枚)

 「ペイシェント・ハラスメント」(ペイハラ)という嫌がらせがある。患者や家族が医師らに非常識な要求や暴言、暴力を繰り返す行為で、患者の権利意識の高まりもあり、近年は増加傾向にある。3月には大阪・寝屋川の歯科医院で治療拒否され恨みを募らせた元患者の男(76)が医師を刃物で襲い、重傷を負わせる事件が発生。大阪地裁は9月、「あまりに身勝手」と指弾し、男に懲役8年の実刑判決を言い渡した。凶行の引き金は何だったのか。(杉侑里香)

無償やり直しを約束

 判決などによると、元患者の男は平成26年から寝屋川市の歯科医院に通院。虫歯治療などの目的があり、約2年後にはかぶせ物を装着する治療が完了した。しかし、後に男は治療した2本の歯の間に物が挟まるようになったと主張。歯科医師の男性(63)に対し、2本の歯に連結した冠を装着するよう要求した。

 医師は、希望する治療法では歯に汚れがたまりやすく健康上問題があるとして拒否したが、男の強い態度に押し切られ、連結した冠の装着を無償で行うことを約束してしまったという。

 その後、冠の装着を行うための治療が続けられたが、男は医師の当初の治療について「ミスだった」と執拗(しつよう)に指摘。29年4月、医師は治療の中止を決意し、男に伝えた。

 「もう、あなたにこれ以上の治療はできません」

 怒りを爆発させた男は行動をエスカレートさせた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ