PR

ニュース 社会

首都圏のコインランドリーで連続窃盗、現金900万円超被害

 東京や神奈川、埼玉など首都圏で8月以降、コインランドリーのチェーン店で精算機が破壊され、現金が奪われる窃盗事件が相次いでいることが4日、運営会社への取材で分かった。これまで、未遂を含めて52店舗、総額900万円以上(同日現在)の被害が確認されており、警視庁などが同一グループによる連続窃盗事件とみて捜査している。

 窃盗被害を受けたのは、いずれもコインランドリーチェーン「ピエロ」の店舗。運営する「センカク」(東京都新宿区)によると、防犯カメラには2~3人組の男が無人の店内に侵入し、電動工具やバールなどを使って精算機を破壊して現金を盗む姿が写っていた。男らは数分間で犯行を終え、車で逃走しているという。

 8月から今月2日までの間に、首都圏の52店舗で未遂を含む窃盗被害があり、うち37店舗で精算機が破壊されていた。日中に被害を受けたケースもあったという。精算機の修理代を含む損害は計2億円超になるとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ