PR

ニュース 社会

1等陸曹を停職11日 寝坊して当て逃げ、遅刻繰り返す 群馬・相馬原駐屯地

 陸上自衛隊相馬原駐屯地(群馬県榛東村)は4日、出勤途中に当て逃げ事故を起こしたり、遅刻を繰り返したりしたとして、業務隊1等陸曹の50代男性を停職11日の懲戒処分とした。

 同駐屯地によると、1等陸曹は昨年7月12日午前4時45分ごろ、寝坊して慌てて乗用車で出勤途中、高崎市内の小売店駐車場の街灯に車をぶつけて壊し、警察に通報せずに立ち去った。また、平成27年9月9日から昨年6月4日まで、約1時間程度の遅刻を7回繰り返した。

 1等陸曹は同駐屯地の隊員に食事を提供するなどの仕事をしていた。当て逃げ事故については、店側と示談が成立し、不起訴となったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ