PR

ニュース 社会

【目黒女児虐待死、父親被告人質問詳報】(2)離れている間、食事たくさん食べ勉強せず…「怒りよりも強い形の暴力と威圧に」

船戸結愛ちゃんが暮らしていたアパートの前に供えられたメッセージや花=東京都目黒区 
船戸結愛ちゃんが暮らしていたアパートの前に供えられたメッセージや花=東京都目黒区 

 《東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=を虐待して死なせたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の雄大被告(34)に対する弁護側の被告人質問が続く》

 《結愛ちゃんは香川県の児童相談所から一時保護された。弁護人によると、雄大被告は児相の職員に「子供に手を出してはいけない」というようなことを書いた書類を提出。雄大被告もそうした内容は「100パーセント納得した」と振り返った》

 弁護人「児相との関係は?」

 雄大被告「私の中では信頼関係がうまく築けない、心を開けないと思っていました」

 弁護人「なぜですか」

 雄大被告「初回の面接で暴力の原因は血がつながっていないから、差別しているのではないかという問いかけがあり、偏見のある方なんだと思ったからです」

 弁護人「差別とは?」

 雄大被告「血がつながっている息子と、血がつながっていない結愛に対する差別かなと思いました」

 弁護人「児相についてどう思っていましたか」

 雄大被告「信頼関係を結べないですし、あまり良い印象はありませんでした」

 弁護人「その後、気持ちの変化はありましたか」

 雄大被告「なかったです」

 《その後、結愛ちゃんは再び児相から一時保護される。解除の際、幼稚園に通うことや週末には祖父母の家に行くことなどが条件とされたが、その条件は守られなかった》

 弁護人「幼稚園に行かせなかった理由はなんですか」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ