PR

ニュース 社会

庵原川でアユなど800匹の大量死確認 静岡

 静岡市は2日、庵原川の同市清水区袖師付近を先頭にアユやオイカワなど約800匹の大量死を確認したと発表した。市環境保全課によると、付近での大量死は4月に引き続き、今年2度目だという。

 同課によると、同日午前10時5分に近くの工場で働く従業員が袖師交番に通報。通報を受け、同課職員らが現地で調査したところ、神明川が合流する地点から下流約100メートル付近を先頭に約600メートルにわたり死魚が確認された。神明川では今夏にも魚の大量死が確認されているという。

 死魚はこの付近では普段から生息している品種で、外傷は見られなかった。同課は何らかの影響で環境が変化したとみて、市環境保健研究所で精密な水質検査を進めるとともに、付近や上流部で異変がなかったかなどの聞き取り調査を行っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ