PR

ニュース 社会

九州、四国で大雨の恐れ 台風18号、東シナ海北上

 台風18号は2日、東シナ海を北上した。九州北部や四国を中心に3日にかけて、大気の状態が非常に不安定となり、大雨になる恐れがあるとして、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。

 3日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は九州北部20メートル(30メートル)。3日午前6時までの24時間予想雨量は多い地域で、四国、九州北部150ミリ、九州南部120ミリ。

 台風18号は2日午前6時現在、東シナ海を時速約20キロで北北東に進んだ。中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで中心から半径110キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。3日夜には日本海へ進み、温帯低気圧に変わる見込み。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ