PR

ニュース 社会

東電旧経営陣無罪に控訴 検察官役の指定弁護士 福島原発事故の強制起訴

 平成23年3月の福島第1原発事故をめぐり、東京電力旧経営陣3人が業務上過失致死傷罪で強制起訴された裁判で、検察官役の指定弁護士は30日、勝俣恒久元会長(79)ら3人を無罪とした19日の東京地裁判決を不服として、東京高裁に控訴した。指定弁護士は「このまま確定させるのは著しく正義に反する。被告の負担を考慮してもなお上級審で判断を求めるべきだ」とコメント。3人にいずれも禁錮5年を求刑していた。

 判決は勝俣元会長と武黒一郎元副社長(73)、武藤栄元副社長(69)の3人について「大津波を具体的に予見し、対策工事が終了するまで運転を停止すべき法律上の義務はなかった」と判断していた。

 起訴状では、大津波を予見できたのに対策を怠り、23年3月の東日本大震災による津波の浸水で原発の電源が喪失。水素爆発が起き、長時間の避難を余儀なくされた双葉病院(福島県大熊町)の入院患者ら44人を死亡させるなどしたとしていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ