PR

ニュース 社会

アイルランド人2人を逮捕 ヘロイン所持 ラグビーW杯観戦で来日

 東京都内のカラオケ店でヘロインを所持していたとして、警視庁新宿署は28日、麻薬取締法違反(単純所持)の疑いで、いずれもアイルランド国籍で、住所・職業不詳、ショーン・ケビン・マスターソン容疑者(28)とダラー・バーン容疑者(31)を逮捕した。容疑を否認しているという。

 両容疑者はラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、同日の日本対アイルランド戦を観戦するために来日したと説明しているという。

 逮捕容疑は、両容疑者は26日午後10時半ごろ~11時半ごろ、新宿区内のカラオケ店でヘロインを若干量所持したとしている。

 同署によると、バーン容疑者がカラオケ店で意識不明となって救急搬送され、2人が使用した部屋にあったバインダーを調べたところ、ヘロインが付着しているのを確認した。

 マスターソン容疑者はヘロインの使用についてもほのめかしており、同署は2人を使用容疑でも捜査を進める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ