PR

ニュース 社会

放火疑いペルー人男再逮捕 愛知・豊田の団地

 愛知県豊田市の県営保見団地内に放置されていた座椅子などに火を付けたとして、県警豊田署は27日、建造物等以外放火の疑いで団地に住むペルー国籍の会社員、オオシロ・コバヤシ・ヘルベルト容疑者(40)=同市保見ケ丘=を再逮捕した。豊田署によると、「覚えていない」と容疑を否認している。

 団地のエレベーターホールやごみ捨て場で7月から8月の間、マットレスやソファなどが燃える不審火が再逮捕容疑の事件も含め、計10件発生。同署が関連を捜査している。

 再逮捕容疑は7月28日午後3時50分ごろ、団地の5階踊り場に放置された木製の座椅子や姿見などに火を付けたとしている。

 オオシロ容疑者は8月8日未明、団地内でマットレスに火を付け、近くのフェンスを焼損させたとして9月9日に逮捕された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ