PR

ニュース 社会

緊急走行中の救急車がバイクはねる、少年2人重軽傷 東京・江戸川

 26日午後6時25分ごろ、東京都江戸川区中央の交差点で、緊急走行中の東京消防庁江戸川署の救急車がバイクをはねた。同庁によると、バイクを運転していた少年(17)が全身を強く打って重傷、同乗していた少年(17)が顔に軽傷を負った。

 事故当時、信号は救急車側が赤、バイク側が青だった。救急車は同区北小岩で発生した急病人の救助活動に向かう途中で、サイレンを鳴らし、赤色灯をつけて緊急走行していたという。

 久貝寿之署長は「緊急走行中の救急車両が交通事故を起こし、住民の方にけがを負わせたことは誠に申し訳ない。今後は安全運行を徹底させ、事故の絶無を図る」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ