PR

ニュース 社会

「歩きスマホ注意するため体当たり」 二重橋前駅構内で傷害容疑 会社員の男逮捕 警視庁

 駅構内で通勤客に体当たりしてけがをさせたとして、警視庁丸の内署は26日、傷害容疑で、神奈川県藤沢市鵠沼石上、会社員、記内良之容疑者(49)を逮捕した。調べに対して容疑を認め、「歩きながらスマートフォンを操作している人に注意するため、体当たりした」と供述している。

 逮捕容疑は6月25日、東京都千代田区の東京メトロ二重橋前駅構内で、通勤中の30代の女性に対して、右肘を突き出した状態で体当たりするなどの暴行を加え、約3週間のけがをさせたとしている。同署によると、この女性は歩きながらスマホを操作していたという。

 同署は防犯カメラの画像などから記内容疑者を特定。これまでに数人が同様の被害を受けており、関連を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ