PR

ニュース 社会

【新井浩文被告、公判詳報】(4)合意主張も「ちょっと嫌がっているなとは…」

 新井被告「そこまで、きつい引っ張り方じゃなかったので」

 検察官「体をなめた時、Aさん(被害者の女性)は何も言わなかったんですか」

 新井被告「言ってませんでした」

 検察官「捜査段階では『いや、だめです、と言っていたと思う』と言っていますよね」

 新井被告「覚えていません」

 検察官「どっちが正しいんですか」

 新井被告「今の方が正しいと思います」

 検察官「今よりも、事件の日に近いこの時の方が記憶が不十分だった、と」

 新井被告「そうですね」

 検察官「Aさんのズボンを脱がせようとした時、『脱がさないでといった』と、Aさんは証言していましたが、そう言ったんですか」

 新井被告「言ってないです」

 検察官「言われた記憶がないんですか、事実がないんですか」

 新井被告「事実がないです」

 検察官「じゃあAさんが嘘をついているということですか」

 新井被告「それは、うち(自分)が判断することではないと思っています」

 《捜査段階で話した内容を「記憶がない」と主張する新井被告。検察官は女性の「抵抗」を新井被告がどのように認識していたかを質問していくが、新井被告は、手を引き抜こうとした時と、新井被告が下半身を合わせようとしたら逃げようとした時だけ「嫌がっている」と思ったという》

 《女性が証言した拒否の言葉を覚えていないとする新井被告。検察官が「女性が嘘をついているのか」と詰め寄ると、弁護側が異議を申し立て、検察側が質問を撤回。こうしたせめぎ合いが何度も繰り返された》

 検察官「(下半身を合わせようとしたら)上に逃げようとした?」

 新井被告「そうです」

 検察官「拒否したと思ったのか」

 新井被告「その通りです」

 検察官「(下半身を合わせるのは)嫌がるのに、性行為はいいということがあり得るんでしょうか」

 新井被告「あり得ると…あり得る…あり得るんじゃないでしょうか」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ