PR

ニュース 社会

【新井浩文被告、公判詳報】(2)拒否されたら「ズボンを脱がせなかった」 示談金の1千万円は「払える限度額」

東京地裁前に集まった報道陣=東京都千代田区(桐原正道撮影)
東京地裁前に集まった報道陣=東京都千代田区(桐原正道撮影)

 《派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた俳優の新井浩文=本名・朴慶培(パク・キョンベ)=被告(40)の弁護側被告人質問が続いている》

 《新井被告は性交後、一度寝室を離れてリビングに行ったという》

 新井被告「寝室に戻ろうと思ったとき、リビングのテーブルの上に財布があり、ちょっとの不安があったので、中のお札を全部取り、(新井被告が着ていた)ハーフパンツのポケットに入れました」

 弁護人「何が不安だったんですか」

 新井被告「同意じゃなかったのかな、とかです」

 弁護人「ほかにお金を手にした理由はありますか」

 新井被告「表方の仕事をしていたので、あまり人に言ってほしくないと思ったこともあります」

 弁護人「それでどうしたんですか」

 新井被告「寝室に戻り、Aさん(被害者の女性)は帰り支度をしていて、その中で2、3個会話をして玄関の方へ行きました」

 《新井被告は背筋を伸ばし、はっきりとした口調で答えていく》

 《新井被告が「また呼んでいいですか」と聞くと女性は「いや、お店に聞いてみてください」と答えた。ほかに、女性の携帯電話の番号や、住んでいる場所などを尋ねたという》

 弁護人「なぜまた呼んでいいか聞いたのですか」

 新井被告「マッサージが上手だったからです」

 弁護人「その後はどうしたんですか」

 新井被告「Aさんが靴を履いてから『口止めとかじゃないけどもらってください』とお札を渡しました」

 《しかし、女性はお札を受け取らず、「風俗店じゃないんです」と言い、新井被告は「そうです、分かってます」と答えたという》

 《ここで質問は、問題の性的行為の場面に移った》

 弁護人「手首をつかんだ場面について、Aさんはどういう反応でしたか」

 新井被告「手をつかんだときにはちょっと引かれました」

 弁護人「強さは?」

 新井被告「すごいいっぱい力強くという感じは全くしなかったです」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ