PR

ニュース 社会

入札めぐる収賄容疑で東京・武蔵村山市職員逮捕 警視庁

 東京都武蔵村山市が発注した街路樹剪定(せんてい)の入札をめぐり、警視庁捜査2課は26日、造園会社に便宜を図った見返りに現金20万円を受け取ったとして、収賄の疑いで東京都武蔵村山市の道路下水道課主任、叶野淳容疑者(49)を逮捕した。

 贈賄の疑いで同市の造園会社「庭芳」社長、及川智勝容疑者(41)も逮捕した。

 捜査関係者によると、叶野容疑者は昨年6月から今年1月にかけ、武蔵村山市の自転車道沿いにある桜並木の剪定の入札で、造園会社側に便宜を図った見返りとして、3回にわたり現金計20万円を受け取った疑いがある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ