PR

ニュース 社会

警備会社から現金発送か 3億6千万円窃盗容疑の男

 埼玉県三郷市の警備会社で4日に現金3億6千万円が盗まれた事件で、県警は26日、窃盗容疑で全国に指名手配した元社員の無職、伊東拓輝容疑者(28)が、現金を入れたとみられる段ボール4箱を警備会社から発送し、東京都内の私書箱で受け取っていたと明らかにした。その後、スーツケースなどに移し替えて持ち運んだとみて、足取りを追っている。

 県警によると、社内のカメラには、4日に出勤した伊東容疑者が金庫室の現金を段ボール箱に詰めて持ち出す姿が写っていた。その後の経緯を調べたところ、会社から段ボール4箱が東京都渋谷区にある伊東容疑者名義の私書箱宛てに送られていたことが分かった。

 伊東容疑者とみられる人物が5日正午すぎ、私書箱で箱を受け取り、タクシーに乗って立ち去った。同日午後1時ごろ、東京都中央区のホテルにチェックインし、2時間半後にチェックアウト。部屋に空の箱が残され、ホテルのカメラにリュックサックとスーツケースを運ぶ姿が写っていた。 県警は、伊東容疑者が事前に綿密な計画を立てていたとみている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ