PR

ニュース 社会

茨城の夫婦殺害 長男「犯人は1人」 家族以外の足跡見つかる

その他の写真を見る(1/2枚)

 茨城県境町の住宅で会社員、小林光則さん(48)と妻のパート従業員、美和さん(50)が殺害され、子供2人が重軽傷を負った事件で、犯人に襲撃されて重傷を負った中学1年の長男(13)が「自分を襲ったのは1人だったと思う」と話していることが24日、捜査関係者への取材で分かった。敷地内には家族以外の靴の足跡が残っており、県警境署捜査本部は、犯人の足跡が含まれている可能性もあるとみて調べている。

 また、付近の捜索でスリッパが落ちているのが見つかった。捜査本部は犯人が無施錠のドアや窓から侵入し、室内でスリッパを履き、そのまま外に出た可能性があるとみて、スリッパが小林さん方のものだったかを調べている。

 一方、町内では近年、空き巣が多発していたことも判明。周辺道路には町が防犯カメラを複数設置しており、捜査本部が回収して分析を進めている。

 事件は23日午前0時40分ごろ、美和さんとみられる女性の「助けて」という110番通報で発覚。2階には電話機の子機があり、美和さんは通報直後に殺害された可能性がある。夫婦は2階寝室で死亡し、首や顔に鋭利な刃物による複数の傷があった。

 2階の子供部屋の2段ベッドで寝ていた長男と小学6年の次女(11)も襲われ負傷したが、長男は、「1人に襲われた」と話し、暗くて犯人の顔は見えなかったと説明しているという。現場から凶器は見つかっておらず、1階で就寝中だった大学3年の長女(21)にけがはなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ