PR

ニュース 社会

夫妻で野球観戦、熱心に長男の指導も 茨城・境町の殺人事件

夫婦が死亡しているのが見つかった住宅=23日午後、茨城県境町
夫婦が死亡しているのが見つかった住宅=23日午後、茨城県境町

 茨城県境町の民家で23日未明、住人の会社員、小林光則さん(48)と妻のパート従業員、美和さん(50)が何者かに首などを切られ、殺害された事件。死亡した小林さん、美和さん夫妻は、今回の事件で重傷を負った中学1年の長男が所属する野球チームの活動などにそろって参加していた。美和さんの親族によると、十数年前から茨城県境町に住んでいたという。

 美和さんと一緒に地域の活動に取り組んでいたという近所の女性(69)は「夫婦そろって長男の野球の試合を観戦しに行っていたようだ。夫婦仲はとても良かった」と振り返る。小林さんが長男とキャッチボールをする姿もよく見かけたという。

 美和さんの人柄に関しては「おとなしいが、やることはやる人。地域の清掃活動でも、リーダー役を果たすためにいろいろと相談してきた」と振り返った。

 長男と同じ野球チームに所属する男子中学生は、小林さんについて「すごく熱心に(長男へ)野球を教えている人だった」と明かした。最近も小林さんと会ったばかりで、事件が起きた23日はショックで食べ物がのどを通らなかったという。

 小林さん方の周辺は、畑や民家、釣り堀などが立地する閑静な地域。近所の女性(70)は「このあたりにずっと住んでいるがこんな事件は初めて。のどかな場所だから無施錠で就寝する家も多い」と話した。

 一方、別の近所の女性によると、小林さん宅付近では最近、不審な人物が目撃されていたといい、「子供が小林さんの家の近くに遊びに行くときはついて行くようにしていた」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ