PR

ニュース 社会

茨城県警、殺人容疑で捜査本部設置 境町の夫婦死亡事件

小林光則さん方の近くで捜査する茨城県警の捜査員。住宅は木々で囲まれ、周辺の民家から離れた場所にあった=23日午前、茨城県境町若林(永井大輔撮影)
小林光則さん方の近くで捜査する茨城県警の捜査員。住宅は木々で囲まれ、周辺の民家から離れた場所にあった=23日午前、茨城県境町若林(永井大輔撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 茨城県境町若林の会社員、小林光則さん(48)方で、小林さんと妻の美和さん(50)が死亡しているのが見つかった事件で、茨城県警は23日午後、殺人容疑で境署に捜査本部を設置した。

 事件は同日午前0時40分ごろ発生。茨城県境町若林の民家から女性の声で「助けて」と110番通報があった。同署員が駆け付けたところ、2階の寝室で小林さん美和さんが心肺停止状態で見つかり、現場で死亡が確認された。小林さんは顔と首、美和さんは首に、それぞれ刃物のようなもので切られたとみられる傷があった。

 同署によると、小林さん方は5人家族。中学1年の長男(13)、小学6年の次女(11)は夫婦とは別の2階の部屋で就寝中だった。長男は腕などに切り傷があり、次女も手の痛みなどを訴えたが、いずれも軽傷で命に別条はなく、1階にいた大学3年の長女(21)にけがはなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ