PR

ニュース 社会

南海貝塚駅で駅員が寝坊 1人が始発乗れず

 南海電鉄は23日、南海本線貝塚駅(大阪府貝塚市)で同日朝に駅員が寝坊し営業開始が遅れたと発表した。乗客1人が乗車券を買えず、始発電車に乗り遅れた。

 南海によると、寝坊したのは男性駅員(32)。午前4時半から券売機やエレベーターなどを起動することになっていたが、乗客の連絡を受けた岸和田駅からの電話で同5時5分に起きたという。改札は自動で稼働していた。

 貝塚駅を管轄する岸和田駅も、起床確認を怠っていた。南海は「ご迷惑をおかけしたことをおわびする。再発防止に努める」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ