PR

ニュース 社会

巨大津波襲来の可能性「信頼性あるものと認識せず」 東電旧経営陣無罪判決

東電旧経営陣に無罪が言い渡されたことに対し、「不当判決」と訴える原告ら=19日、東京都千代田区の東京地裁前(飯田英男撮影)
東電旧経営陣に無罪が言い渡されたことに対し、「不当判決」と訴える原告ら=19日、東京都千代田区の東京地裁前(飯田英男撮影)

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された同社の旧経営陣3被告に無罪を言い渡した19日の東京地裁判決で、永渕健一裁判長は、高さ10メートルを超える津波が襲来する可能性について「被告らは、信頼性、具体性のある根拠を伴っているという認識はもっていなかった」と判断した。

 また「事故の結果は重大で取り返しのつかないもの」としつつも、「自然現象を相手にする以上、正確な予知、予測などできないことも明らかだ」と指摘。3被告については「結果回避義務を課すにふさわしい(巨大津波の)予見可能性の有無にかかわらず、刑事責任を負うことにはならない」と結論づけた。

 永渕裁判長は19日の判決で、東電元会長の勝俣恒久(79)、元副社長の武黒(たけくろ)一郎(73)、元副社長の武藤栄(69)の3被告に無罪を言い渡した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ