PR

ニュース 社会

「改めておわび」 東電旧経営陣3被告がコメント

東電の旧経営陣3人に無罪判決が言い渡された19日午後、帰還困難区域を知らせる看板の横を走るトラック=福島県大熊町(芹沢伸生撮影)
東電の旧経営陣3人に無罪判決が言い渡された19日午後、帰還困難区域を知らせる看板の横を走るトラック=福島県大熊町(芹沢伸生撮影)

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された同社の旧経営陣3被告に無罪を言い渡した19日の東京地裁判決を受け、東電元会長の勝俣恒久(79)、元副社長の武黒(たけくろ)一郎(73)、元副社長の武藤栄(69)の3被告がそれぞれコメントを発表した。コメントは次の通り。

勝俣被告

 「福島第1原子力発電所の事故により多大な迷惑をおかけした社会の皆さまに対し、東京電力の社長・会長を務めていた者として、大変申し訳なく、改めておわび申し上げます」

武黒被告

 「本件事故により亡くなられた方々や負傷された方々に改めてお悔やみとお見舞いを申し上げます。皆さまに多大なご迷惑をおかけしていることを大変申し訳なく思っております」

武藤被告

 「福島第1原子力発電所の事故によって、大変多くの皆さま方に多大なるご迷惑をおかけしてまいりました。当時の東京電力の役員として、あらためて深くおわび申し上げます」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ