PR

ニュース 社会

地震発生前の原発停止「技術的にも困難」 東電旧経営陣無罪判決

判決公判に臨む東京地裁の永渕健一裁判長=19日午後1時8分、東京地裁(代表撮影)
判決公判に臨む東京地裁の永渕健一裁判長=19日午後1時8分、東京地裁(代表撮影)

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された同社の旧経営陣3被告に無罪(いずれも求刑禁錮5年)を言い渡した19日の東京地裁判決で、永渕健一裁判長は原発の運転停止措置について「(平成23年3月の)地震発生前、炉心損傷を防ぐために、放射性物質を閉じ込める機能を犠牲にして格納容器や圧力容器のふたを開放したままにしておくといった発想に至るのは困難だった」と認定し、「指定弁護士側が主張する運転停止の具体的方法は、技術的観点から見ても相当困難だった」と述べた。

 永渕裁判長は19日の判決で、東電元会長の勝俣恒久(79)、元副社長の武黒(たけくろ)一郎(73)、元副社長の武藤栄(69)の3被告に無罪を言い渡した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ