PR

ニュース 社会

「なぜ自宅の前で」さいたま小4殺害、男児の身に何が

進藤遼佑君の遺体が見つかった自宅のある集合住宅に入る捜査員=18日午前、さいたま市見沼区
進藤遼佑君の遺体が見つかった自宅のある集合住宅に入る捜査員=18日午前、さいたま市見沼区

 さいたま市見沼区大谷(おおや)で18日、遺体で見つかった小学4年、進藤遼佑(りょうすけ)君(9)は、すれ違った同級生の保護者らに挨拶を欠かさない明るい少年だった。普段着姿のまま、住んでいた集合住宅の居室そばのスペースで見つかるという最悪の結末に、前夜から無事を祈った保護者や周辺住民からは「元気だったころの姿しか浮かばない」「なぜ自宅の前で…」と悲しみの声が漏れた。

 進藤君が通っていた市立大谷小学校によると、進藤君は過去、放課後児童クラブ(学童保育)に入っていた。しかし、習い事が多かったことを理由に途中で辞めており、17日は6時限目の授業を終え、午後3時15分には小学校を後にしたとみられている。その後、自宅そばのバス停からバスに乗り、約4・5キロ離れたJR大宮駅(さいたま市大宮区)近くの英会話塾に向かう予定だった。

 普段は午後7時半ごろに塾を終え、バスで帰宅していたが、勤務先から自宅に戻った母親(42)が塾を欠席していたことを知り、午後8時20分ごろに110番通報。学校側からは4年生の保護者らに「進藤君の行方が分からない。捜してほしい」とのメールも送られ、ツイッターなどでも「困ってそうな男の子の情報があれば教えてほしい」と情報提供を求める動きが広まった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ