PR

ニュース 社会

池袋ホテル殺人、22歳大学生の男逮捕 防犯カメラで特定 警視庁

警視庁池袋署に入る北島瑞樹容疑者(中央)=18日午後、東京都豊島区(古厩正樹撮影)
警視庁池袋署に入る北島瑞樹容疑者(中央)=18日午後、東京都豊島区(古厩正樹撮影)

 東京都豊島区池袋のホテルの一室で12日夜、女性の遺体が見つかった事件で、警視庁池袋署捜査本部は18日、殺人の疑いで、埼玉県入間市豊岡の私立大学4年、北島瑞樹容疑者(22)を逮捕した。調べに対し、「私が殺しました」と容疑を認めている。捜査関係者によると、現場付近の防犯カメラの画像を調べるなどして、特定した。

 事件は12日午後8時半ごろ、ホテルからの110番通報で発覚。江東区の無職女性(36)の遺体がポリ袋に入れられ、その上からシーツでくるまれていた。足首をビニールひもで縛られ、手に粘着テープの破片が付着していた。

 捜査本部によると、同日午後3時40分ごろ、リュックサックとキャリーケースを所持した白いマスク姿の若い男が部屋に入室。同5時50分ごろに女性が入室し、同7時40分ごろに男が1人で部屋を出ていた。周辺の防犯カメラには近くのJR池袋駅に徒歩で向かう姿が写っていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ