PR

ニュース 社会

同性カップルの「事実婚」認定 「法的保護の対象」 宇都宮地裁真岡支部

 米国で結婚し、日本国内で長期間一緒に住んだ女性の同性カップルが一方の不貞行為によって破綻したとして、30代女性が元交際相手らに約630万円の損害賠償を求めた訴訟で、宇都宮地裁真岡支部の中畑洋輔裁判官は18日の判決で、2人の関係を「事実婚」と認定し、法的保護の対象になるとした。

 中畑裁判官は、2人の関係について、男女間の婚姻と何ら変わらない実態を有していて、内縁関係と同視できる生活関係にあったと認めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ