PR

ニュース 社会

ラグビーW杯の偽ユニホーム販売容疑で男を逮捕 神奈川県警

神奈川県警秦野署が押収した、ラグビーW杯日本大会に出場する代表チームの偽ユニホーム=17日午後
神奈川県警秦野署が押収した、ラグビーW杯日本大会に出場する代表チームの偽ユニホーム=17日午後

 商標権を侵害したとして、神奈川県警秦野署は17日、商標法違反の疑いで、東京都国分寺市光町の予備校生、王駿之容疑者(21)を逮捕した。「生活費の足しにしていた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は8月1日ごろから同15日ごろまでの間、6回にわたって、横浜市の50代女性ら6人に対し、ラグビー・ワールドカップ(W杯)の代表のユニホームを製造・販売している「ラグビーワールドカップリミテッド」社など6社のものと類似した商標をつけたユニホームなどの衣料品6点を計4万5千円で販売し、商標権を侵害したとしている。

 同県警によると、中国のショッピングアプリに出品されていた偽の品物を仕入れ、日本のネットオークションやフリーマーケットアプリで販売。ほかにも、日本やフランスなどの偽のユニホームをいずれも正規品の半値以下で売っていたという。正規品と異なり、商品タグにホログラムがなかったり、ワッペンが曲がっていたりしていた。

 同署のサイバーパトロールで事件が発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ