PR

ニュース 社会

【目黒女児虐待死、母親判決詳報】(下)「裁判が終わってもしっかり考えて、人生をやりなおしてください」 裁判長の説諭に静かに「はい…」

苛烈な虐待を繰り返した母親の船戸優里被告(中央)
苛烈な虐待を繰り返した母親の船戸優里被告(中央)

 《東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判の判決公判は、8歳年上の元夫、雄大(ゆうだい)被告(34)=同罪などで起訴=からどの程度の心理的影響があったのか、裁判官による説明が始まった。弁護側が、雄大被告から心理的DV(ドメスティックバイオレンス)を受け、「強固な心理的支配下にあった」と主張していたためだ》

 《優里被告が結愛ちゃんに対して苛烈(かれつ)な食事制限などを行い、必要な保護を与えなかった点について、判決では「看過できない雄大からの心理的影響があったと認められる」とする》

 裁判長「雄大からの心理的DVの影響により被告人が雄大の意向に従ってしまった面があることは、量刑上、適切に考慮すべきである」

 《しかし、判決ではそうした状況下にあってもなお、優里被告が雄大被告の虐待から結愛ちゃんの苦痛を和らげようとした行動について言及する》

 《雄大被告に暴力を振るわないように言う、離婚を切り出し抵抗する、早起きの課題をごまかしてやる、体重が増えない限度で食事を与える…。優里被告は、そうした行動を取っていたとされる》

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ