PR

ニュース 社会

【目黒女児虐待死、母親判決詳報】(上)懲役8年判決 大好きだった実母からも苛烈な食事制限…裁判長「苦しみ、悲しみ、絶望感は察するに余りある」

苛烈な虐待を繰り返した母親の船戸優里被告
苛烈な虐待を繰り返した母親の船戸優里被告

 《東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判の判決公判が17日午後3時、東京地裁で始まった》

 《守下実裁判長の合図で優里被告が入廷した。上下黒のスーツに黒いブラウスを着用。裁判長に着席を促されると小さくうなずき、着席後は無表情に下の方を見つめた》

 裁判長「被告人は証言台の前に来てください」

 《裁判長の言葉に従い、証言台の前に立つ優里被告》

 裁判長「主文、被告人を懲役8年に処する。未決勾留日数中300日をその刑に参入する」

 《その後、裁判長により量刑理由の読み上げが始まった。まずは、虐待の苛烈(かれつ)さが指摘された。結愛ちゃんへの食事制限は、平成30年1月23日に一家が香川県から上京して以降、極端に厳しくなったという。結愛ちゃんの体重は1月4日時点で16・6キロだったのに対し、死亡時には約12・2キロだった》

 裁判長「わずか1カ月あまりの間に体重の約25%が失われたことになる上、解剖時の所見や現場に駆けつけた消防隊員の証言からも、被害児童がほおがこけ、骨が著しく浮き出ると言った異常なやせ方をしていたことが認められるのであるから、被告人らによる食事制限は明らかに不相当で苛烈なものであったといえる」

 《裁判長は、優里被告と、夫だった雄大被告(34)=同罪などで起訴=の行為を厳しく指弾した。次に、結愛ちゃんを保護しなかった「不保護」についての説明が行われた。優里被告らは香川県の関係機関に転居先を教えず、品川児童相談所の訪問は優里被告自らが対応して拒絶した》

 裁判長「さらに、上京後は2回のごみ捨て以外、被害児童を外出させることもなかったのであるから、被害児童の生存の維持はひとえに被告人らに委ねられている状況にあった」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ