PR

ニュース 社会

目黒女児虐待死 母親に懲役8年 東京地裁判決

船戸優里被告(中央)=東京都目黒区(三尾郁恵撮影)
船戸優里被告(中央)=東京都目黒区(三尾郁恵撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判の判決公判が17日、東京地裁で開かれた。守下実裁判長は「食事制限は苛烈で、医療措置を受けさせなかったことは強い非難に値する」として懲役8年(求刑懲役11年)を言い渡した。

 弁護側は元夫の雄大被告(34)=同罪などで起訴=から心理的DV(ドメスティックバイオレンス)を受け「強固な心理的支配下にあった」とし、懲役5年が相当だと訴えていたが、判決では「強固に支配されていたとまではいえない」とした。一方で、心理的な影響はあったと判断。逆らえば虐待がひどくなると思い、「雄大被告の意向に従ってしまった面が否定できない」とした。

 また、結愛ちゃんが重篤な状態と認識しながら「雄大被告の暴行や自身が適切な対応をしなかった事実が発覚することを恐れ、医療措置を受けさせなかった」と認定。結愛ちゃんの「苦しみ、悲しみ、絶望感は察するに余りある」とした。

 判決によると、優里被告は平成30年1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えず、雄大被告の暴行も結果的に容認。衰弱を認識しながら医師の診察を受けさせず、3月、肺炎による敗血症で死亡させた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ