PR

ニュース 社会

猫虐待、無職男に有罪判決 富山地裁高岡支部

 他人の飼い猫を持ち去り、虐待を加え死なせたとして、器物損壊と動物愛護法違反の罪に問われた富山市布目の無職、新村健治被告(52)の判決で、富山地裁高岡支部(梅沢利昭裁判官)は17日、懲役8月、執行猶予4年(求刑懲役6月)を言い渡した。

 検察側は論告で「事前に捕獲器を買いそろえるなど計画的で悪質だ。他にも十数匹の猫を殺したと供述しており、常習性もある」と指摘。弁護側は「反省し、二度とやらないと誓っている」とし、罰金刑が相当と主張している。

 起訴状によると、新村被告は5月19日、富山県射水市の路上で飼い猫1匹を持ち去り、同23日頃まで自宅浴室で腹を棒で突くなどの虐待を加え、殺したとしている。

 県警が6月、同じ猫の窃盗容疑で新村被告を逮捕。7月に富山地検が器物損壊と動物愛護法違反の罪に切り替え、起訴していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ