PR

ニュース 社会

三重の新名神でのり面崩落 けが人なし、通行止め続く

 13日午後8時半ごろ、三重県四日市市伊坂町の新名神高速下り線で、道路脇ののり面が崩れていると利用者から中日本高速道路に連絡があった。同社によると、巻き込まれた車やけが人はいなかったが、四日市ジャンクション(JCT)-新四日市JCT間の下り線で14日、通行止めが続いている。

 のり面が崩落した現場は四日市JCTから西に約1・5キロ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ