PR

ニュース 社会

停電長期化、初の週末 ボランティア受け付け 東電、15万戸の復旧急ぐ

屋根に張るブルーシートを押さえる土のうを運ぶボランティアら=14日午前、千葉県館山市
屋根に張るブルーシートを押さえる土のうを運ぶボランティアら=14日午前、千葉県館山市

 台風15号による千葉県の大規模停電は14日、発生から初の週末を迎え、停電地域の一部自治体ではボランティアの受け付けが始まった。県内では同日午前9時時点でも約15万戸が停電。東京電力は1万6000人態勢で復旧を急ぐが、全域が解消するには2週間程度かかるとの見通しを示しており、影響は長期化している。

 県社会福祉協議会などによると、受け付けを始めたのは南房総市や八街市など。受け入れ側の需要などを踏まえ、当面は対象を地元や近隣に住んでいる人に限る自治体が多い。

 東電の見通しで復旧までおおむね1週間以内とされた八街市では、倒木やがれきの片付けなどのボランティアを募集。担当者は「通信状況が悪く、何が必要なのか把握しきれていない」と話した。現在は市内在住者に限るが、ニーズが増えれば市外からの受け入れも検討しているという。

 県内は週末から雨の予報で、家屋に被害があった住民らは対策を急いでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ