PR

ニュース 社会

千葉で停電中の特養、82歳女性が死亡 熱中症疑いで3人目

 千葉県は13日、君津市の特別養護老人ホームに入所していた82歳の女性が12日に熱中症の疑いで死亡したと発表した。停電後の熱中症疑いによる死者は同県内で3人目。

 県によると、女性は11日午前に38・8度の発熱を起こし市内の病院に救急搬送されたが、翌12日早朝に死亡した。女性は停電してから救急搬送されるまでの約2日間、エアコンが効かない部屋で過ごしていた。

 同ホームには80人が入所。停電発生から12日までの間にこの女性を除く11人に熱中症の症状がみられたが、いずれも回復している。13日からは電源車で通電し、エアコンが使用できる状態だという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ